シミュレーションの結果をもとに実際の回路を設計

モータードライブ用のトランジスタはQ3,Q6がオンになると正転、Q4,Q5がオンになると逆転になります、Q3,Q4が同時にオンになると電源がショート状態になり過電流が流れてトランジスタが破壊します、これを防ぐためにロジックを組んで絶対にならないようにしています。
回路図はKiCADで作成、記号はすべて自作です、基板の設計製作もする予定。

ダーリントントランジスタを使っているため電流増幅率が10000程度あります、したがってベース電流が少なくロジックICで直接ドライブ可能です。

MotorDrive6

コメントを残す