■ 1素子パワーアンプにローコストで高音質のボリュームをつける方法 ■

1素子パワーアンプの入力にパッシブタイプのボリュームを直結する場合低インピーダンスであれば問題なく使えることがわかりました。

600Ωのボリュームと10KΩで周波数特性を比較してみました

一般的なオーディオ用600Ωのボリュームは高価なので下図のように小接点数のロータリースイッチと抵抗でローコストで作ることができます、音質もよいです。

VR_f_600and10k

コメントを残す