電源の安定度を検討するためのシミュレーションです、周波数-位相特性です。
ゲインが0dB(1倍)のところで位相が180°に近いほど安定です、0°で発振します。
**不帰還のループ内に計測ポイントがあるため最初から180°ずれています
**つまり、180°で位相遅れが0°ということになります。

ゲイン0dBのところの周波数は約100KHzです、ここでの位相余裕は100°以上あり十分安定動作します。

sakota_reg

コメントを残す