■基板の動作テスト

アイドリング電流は0~1.6Aまで可変、設定値にピタリと張り付いて安定しています
出力オフセット電圧は±50mVの範囲で微調整できます、これも0V付近からほとんど変動しません

設計通りの動作をしています

面倒な熱結合等の処理は不要です、基板に部品を間違いなく確実に取り付ければそれで安定動作します

20150211_test02_600px

音声信号が通る半導体はパワーFET1個のみです、他は安定動作のための補助回路です、補助回路は直流領域で動作しています

コメントを残す